施術時間は長い方が効果的?

 

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

先日、あたまのスクール卒業生から

こんな質問メールが届きました。

 

 

「今日、お客様に120分の施術をしました。

最初の1時間はグーグー寝てたんですが、

途中で目を覚ましたら『少し気持ちが悪い』と言っていました。

施術時間が長すぎたのでしょうか?」

 

 

私もたまにお客様に

「昨日寝れなかったから、次のお客様が来る時間までやって」

と言われることがあり、

 

120分ほど施術するとこもあります。(リピーター様のみ)

 

 

しかし、

施術時間が長ければ長い程、頭や脳にいいわけではありません。

 

 

いくら超美味しく、超栄養価の髙い食べ物であっても

食べすぎは体に良くないのと同じです。

 

 

生徒さんが連絡をくれたのは

台風が関東に接近していた6月11日。

 

そして気持ちが悪くなってしまったお客様(女性)は

初めてのヘッドマッサージだったそうです。

 

 

この2つのポイントから考えられることは

 

血管が拡張しやすい

=片頭痛が起きやすい、めまいや立ち眩みがしやすい、気分が悪くなりやすい

 

という好転反応が出やすい。

 

 

 

つまり、このような状況の場合

長時間の施術や強めの圧でガンガンヘッドマッサージをするのはオススメできません。

 

 

これがもし男性のお客様で、何度かヘッドマッサージを受けたことがある方だったら

120分の施術でも好転反応は出なかったと思います。(男性は気圧の変化を受けにくいので)

 

 

お客様の体の状態や、施術日&施術日前後の状況によって

最適な時間は違います。

 

 

 

「長めにやって欲しい!」

「強めが好き!」

 

など、お客様から様々なご要望を頂くこともあると思いますが、

ただ鵜呑みにするのではなく

 

そのご要望が今のお客様に最適か考えて、

必要があればセラピスト側からご提案させて頂くことも大切です。