自信がないまま、不安なまま、施術してませんか?

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

先日、プロ向けのあたまのスクールを開講しました!

(現在プロ向けのスクールはリクエスト開催させて頂いてます。ご興味のある方はお気軽にご連絡ください♪)

 

今回受講してくれた方は

ヘッドマッサージ専門店でのアルバイトを3店舗掛け持ち、朝から晩までヘッドマッサージをしているという(しかも休みなし!)

ヘッドマッサージ大好きセラピストさんでした。

 

 

朝から晩まで、しかも休みなく施術してて疲れないの!?

 

と素朴な疑問を投げかけたところ

 

「疲れるどころか、ヘッドマッサージしてるとテンション上がるんです!」

 

 

 

私もヘッドマッサージは好きですが、

 

朝から晩まで、休みなしで施術してたら

さすがに嫌になると思います・・・笑

 

 

そんなヘッドマッサージ大好きセラピストさんがなぜあたまのスクールに!?

私が教えられることある!?

 

と不安になりましたが、話を伺うと

 

毎日お客様に施術しているものの、

ちゃんと筋肉やツボを捉えられているか、自分の手技に自信がない

と悩まれてました。

 

 

実際にお客様にお金を頂いて施術していても

自分の手技に自信が持てないセラピストさんって意外といらっしゃいます。

 

 

実は私もその1人でした。

 

 

ヘッドマッサージ専門店の大型店舗に勤めていた時のこと。

 

私の教育係は同僚のスタッフでした。

 

しかもその方、私より入社時期が2ヶ月早かっただけで

その方自身も手技が曖昧。。。

 

 

なので、質問しても

 

「うーん。。。こんな感じかな?」

「それでいいと思うよ。」

 

と、なんともあやふやで

私も曖昧な手技を習得しました(笑)

 

 

しかも、恐ろしいことに研修2日目に店舗が混み、

なんと!実質1日しか研修してなのに人手が足りないからと現場デビュー。

(あの時施術させて頂いたお客様、申し訳ありませんでした!!!!!)

 

 

オーナーに

「お、こいつもう研修しなくてもイケるじゃん」と思われたのか、

その後研修日が設けられることはなく、そのまま他のスタッフ同様施術に入りました。

 

 

「こうかな?ここで合ってるかな?これで気持ちいいのかな?」

と毎回不安を抱えながら施術をしていました。

 

 

ある日お客様から

「首の気持ちいいポイントがずれてる。どこ押してるの?」

と言われ、いよいよ施術するのが怖くなり

 

自分でお金を払って、きちんと手技を教えてくれるスクールへ通いました。

 

 

人を癒してあげたい!喜んでもらいたい!

 

と思って仕事をしてるセラピストにとって

自分の手技に自信が持てず、不安を抱えながら施術することほど辛いことはありません。

(達成感より罪悪感に苛まれます)

 

 

あたまのスクールのプロコースは

自分の手技に自信がもてるようになる為のカリキュラムを組んでいます。

 

一般コースは受講者同士が相モデルで練習しますが

プロコースのモデルは講師の私です!

 

 

普通ならスルーしてしまう左右のバランスや抑揚など

細かいポイントまで指摘し改善していきます。

 

改善前、改善後の違いをご自身で体感もして頂きます。

 

 

もしかしたらスクール中に自信を失いかけるかもしれませんが(笑)

この経験が必ず自信になります!

 

 

セラピストとして働くのであれば

ぜひ自信を持って楽しく働いて欲しい!!

 

それが講師としての私の願いです。