私がサロンを開業しようと思ったきっかけ

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

よく

「サロン開業するとき、怖くなかったですか?」

「失敗したらどうしよう?とか思わなかったですか?」

と聞かれますが

 

開業前の私はあまりに無知すぎて

失敗のリスクさえ考えずに開業してしまったので

怖さとかはなかったんですよね。

 

 

何気なくスクールに通って手技を取得したから

「誰かで練習したいなー」と思い

「施術するなら場所が必要だなー」と感じたので

今のサロンの物件を契約。

自宅でやるとか、出張で施術するとか、レンタルサロンなんて知識はない。

 

 

 

家賃を払わなきゃいけないから

じゃーお金をいただこう!

え!?お金もらうなら開業届を出さなきゃいけないの!?

てな感じで

 

よし!開業するぞー!!

というよりは

 

あれよあれよといってる間に

開業してました。笑

 

 

こんな無知で開業しちゃったもんだから

開業してからが大変でしたよ!

 

 

普通なら開業前に決めたり、考えたりしなきゃいけない

サロンのコンセプトやターゲット、集客導線などを

開業後に考えました。

 

正式にいうと

開業後にコンセプトやターゲットが必要だと知り←え?

そこから経営塾に通って

コンセプトやターゲットを考えたり、集客導線を整えたりしました。

(HPを作ったり、SNSを始めたのも開業してからです)

 

 

富士山の高さも寒さも知らずに

富士登山に挑んだ感じです。笑

 

 

 

最初から失敗してたわけなので

「失敗したらどうしよう?」という不安よりは

「今をどう乗り越えよう!?」みたいな必死さしかなかったです。

 

 

最初から必要な勉強をして、準備をしてから開業すれば

最短距離で成功できたとは思いますが

 

無知だったからこそ

何も恐れずことなくポーンと開業できたと思うと

 

これはこれでよかったような気がします。笑

 

 

 

開業したいと思ってるけど

一歩踏み出せないで悩んでる方は

 

石橋を叩いて、叩いて、また叩いて、さらに叩いて

結果石橋を渡れてないんだと思います。

 

もちろん石橋を叩いてみるのは大事ですが

ある程度叩いたら

あとは石橋を叩きながら渡る!ぐらいの気持ちで

エイヤー!と一歩踏み出してみてください。

 

 

大丈夫!

人間追い込まれれば、なんでもできます。笑