自分のサービスを“高いかなー?”と感じ、安売りしてしまう人の共通点

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

先日の開業コースで

生徒さんのサービスと価格を決めていた時のこと。

 

 

私が提案した金額に生徒さんが浮かない顔をしたんですよね。

 

聞いてみると

「高すぎるんじゃないか?」

「そんな高額払う人いないんじゃないか?」

「その金額を払える人は少ないから、集客が大変なんじゃないか?」

と。

 

 

これ、この生徒さんだけじゃないんです。

 

毎回、毎回、

価格を決める時に生徒さんが言う言葉です。

 

 

自分のサービスが高いと感じてしまう人、

自分のサービスを安売りしてしまう人には

明確な共通点があります。

 

 

それは

目に見えるものだけに価値を感じる

 

逆に言うと

目に見えないものに価値を感じない

 

 

 

これだと

「田舎だから高額サービスは売れない」

「自宅サロンだから高くはできない」

「サロンの内装はオシャレでキレイじゃなきゃダメ」

「施術が誰よりうまくないとお客様がこない」

という考えになり

 

それができない=価値がない

となり、値段を下げるという選択になります。

 

 

もちろんそんなことは全くないんですけどね!

 

 

 

余談ですが、

数年前に50万かけてサロンの内装をリフォームした時

お客様は

「え?なんか変わったの?」

「あー。言われてみれば明るくなったかもね」

ぐらいのリアクションで

めっちゃガッカリしました。笑

 

Before↓

After↓

 

 

話が逸れましたが

コーラで考えてみると

わかりやすいかもしれません。

 

 

コンビニなら

500mlのペットボトルが150円ぐらいで買えるコーラ。

 

ファミレスなら

300円程度で飲み放題です。

 

 

そんな中

ホテルでコーラを飲むと

1杯(約200ml)で1000円はします。

 

 

コーラを、ただ喉を潤すための液体としか価値を感じられないと

ホテルのコーラはボッタクリに感じますよね。笑

 

 

でもホテルで飲むコーラには

喉を潤す液体として以外にもたくさんの価値があります。

 

 

 

例えば

 

◎非日常な空間にワクワクできる

◎オシャレをする機会ができる

◎自尊心を高めてくれる

◎一流の接客に触れて、学べることがある

◎優雅な時間が過ごせて仕事もはかどる

◎この体験・経験が話のネタになる

◎また来れるように頑張ろう!となる

 

 

これだけの目には見えない価値があるので

ホテルで飲むコーラは決して高くないと私は感じます。

 

みなさんはいかがでしょう?

 

たった1000円でワクワクできるので

ディズニーランドよりよっぽどコスパよくないですか?笑

 

 

 

ちなみに

私がサロンで提供してる“野間ボディ”は

120分で19,800円です。

 

あたまのオアシスがある池袋界隈のマッサージの相場は

60分3000円なので

相場の3倍以上します。

 

 

身体のコリをほぐす

ボディラインを整える

くらいの価値しか感じなければ超高いですし

 

もし私自身も自分の施術に

それだけの価値しか見出せなければ

もっと安く料金を設定してたと思います。

 

 

でも

私の施術を受ける価値は見えないところにもたくさんあるので

19,800円でも決して高くないと思ってます。

 

 

施術を受けずにカウンセリングだけで

「スッキリした!頑張れそう!ありがとう!」

と言って

お金を払って帰られた方もいるぐらい。笑

 

 

 

サービスや商品の価値は

目に見えるものだけではありません。

 

なんなら

目に見えない価値の方が大きかったりします。

 

 

目に見えない価値を自分のサービスの中に見出せないと

高いと感じてしまい、安売りしてしまいます。

 

 

自分のサービスや商品を売るときには

目に見える価値だけでなく

目に見えない価値も考慮して値段を決めるべきだし

 

自分が消費者としてサービスや商品を購入するときは

ぜひ目に見えない価値も感じてみてください!

 

 

目に見えないものに価値を感じられるようになると

自分のサービスにももっと価値を感じられるようになりますよ!