経営者は孤独。そんな時のあたまのスクール!

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

現在開催されている北京オリンピック。

 

普段スポーツを観ない私も

毎日テレビにかじりついて観ています。

 

オリンピックを見てると

人の高みに臨む者は孤独の罰を受ける

という言葉が何度も頭によぎって

 

選手たちの重圧や孤独を想像して

メダルを獲っても涙。獲れなくても涙です。

 

 

“人の高みに臨む者は孤独の罰を受ける”

 

とは

 

会社や組織やチームのトップに立つ人は

人より影響力や権力、お金を持つけど

その分孤独を味わうよ。

 

という意味で

「経営者は孤独」

と言われる所以もここからきています。

 

 

 

「野間さんはスタッフもいるし

フランチャイズの仲間や経営者の友達もいるし

孤独じゃないですよね?」

 

と言われることもありますが

仲間がいる私でも孤独を感じることはあります。

 

 

 

孤独を感じるときは

必ずうまくいってないときです。

 

 

調子がいいときはイケイケ!GOGO!で

孤独を感じてる暇なんてありません。

 

しかし

思うように物事が進まないときは

「今の私のこの気持ちは、誰にもわかってもらえない。。。」

感傷に浸ります。

 

 

 

こんなときはどうするか?

 

 

仲間に相談します。笑

 

 

 

私の気持ちはわかってはもらえないかもしれないけど

話すだけで私の気持ちがスッキリすることもなるし

自分では思いつかなかった見解やアドバイスをもらえることもあります。

 

 

自分で考えても解決できないから悩むわけで

てことは

自分だけでは解決できないんです。

 

だから

自分と似た環境にいる仲間が必要だと

私は思っています。

 

 

あたまのスクール生同士に繋がりを持たせるのも、

スクール卒業後も私が生徒たちと繋がりを持っているのも

これが理由です。

 

 

開業後、ずっと順調なんてことはありません。

必ず良いことも悪いこともあります。

 

 

思ったようにうまくいかず孤独を感じた時こそ

「仲間がいる」という

あたまのスクールの強みを活用してください!