店名を決める時に考慮すべきこと

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

私が担当している開業コースでは

生徒さんの強みを元にコンセプトを決め

 

そのコンセプトに沿って店名を決めていきます。

 

 

店名ひとつでサロンの集客力が変わるので

講師として、責任重大な仕事です。笑

 

 

私が店名を考える時に考慮するのは

 

・店名からコンセプトを連想できるか

・その人らしいワードか

・ターゲットに認知されやすいか

・同じネーミングのサロンや商品がないか

・検索しやすいか

 

 

パッと思いつくときもあれば

何日もかかる場合もあるので

開業コースの3ヶ月目の私の頭は常にフル稼働です。笑

 

 

 

私がこんなに店名決めにこだわるのは

私自身が店名で失敗したことがあるからです。

 

 

現在の【あたまのオアシス】の前

初めての屋号は

Casa di Venere

でした。

 

 

ん?

なんて読むんだ?

 

ですよね。笑

 

 

 

これ、イタリア語でカーサディヴェネレと読み

「女神の家」という意味がありますが

 

覚えにくいし、言いにくいし

電話で店名伝えるのがまぁ大変でした。笑

 

そもそもなんでイタリア語?ですよね。

 

 

自分でもツッコミどころ満載の店名ですが

当時の私は店名の決めた方がわからず(誰も教えてくれないし)

自分の思いだけで、それっぽいかっこいい名前をつけたんですよね。

 

が!

 

全く浸透せず集客に苦戦しました。

(顧客様でさえサロン名覚えてくれなかった笑)

 

 

同じ失敗を愛する生徒たちにはさせたくないので

これだー!!!と思える最高の店名をつけます。

 

 

 

店名は安易に考えてはダメです!

 

考えに考えて、さらに考えて・・・

自分らしさや自分の思いが伝わるワードを選びましょう!