新規の集客はできてもリピートに繋がらない!その①

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

あたまのスクール卒業生から

最近立て続けに同じ質問を頂きます。

 

それは

 

新規の集客はできてもその後リピートに繋がらない!

 

新規のお客様が増えるより、リピーターが増えた方が経営は安定しますし

集客に費やす労力がいらなくなるので

リピーターを増やすことはとても大事。

 

 

ありがたいことに今、ヘッドマッサージ業界は追い風なので

新規集客はそんなに難しくないと思います。

(新規集客も難航しているなら別途ご相談ください笑)

 

 

そして、あたまのスクールを卒業されていれば

ヘッドマッサージの手技は問題ないはずです。

 

 

きっと、施術中にお客様は寝落ちするでしょうし、

施術後も「気持ち良かった!!」と言ってもらるはず。

(手技に自信のないあたまのスクール卒業生は復習会へ笑)

 

 

それでもリピートに繋がらないなら

考えられるのは2つです。

 

 

①再来店してもらう導線が整っていない。

 

 

導線とは、お客様が来店までに通る道です。

 

お客様が「また行きたい!」と思った時に通る道は

 

自分のスケジュールを確認&確保

サロンの空き状況を確認する

・サロンのHPをみる

・サロンに電話する

自分のスケジュールと照らし合わせる

メニューを選ぶ

予約する

再来店

 

 

です。

 

この道のり(導線)を極力スムーズに整えてあげると

お客様もスムーズに来店できます。

たったこれだけの道のりでも

実際は面倒くさく感じます(笑)

 

 

例えば、予約したい!と思った時間が営業時間外だったり

HPからネット予約しようと思ったらパスワードの登録が必要だったり。

 

 

そうすると

「また後でやろう」

と思います。

 

が、その「また」が来ることはほとんどありません。

 

なので

 

お客様が通るであろう道のり(導線)から

面倒くさいことを取り除いてあげる必要があります。

 

 

先ほど↑書いた再来店までの導線の中で、

青字で書いた5つのステップ

 

初回の施術後の、たった一言で取り除くことができます。

 

 

「次のご予約、とっていきますか?」

 

 

これだけです。

 

 

もちろん、ヘッドマッサージの効果や

ヘッドマッサージを定期的に受けることの必要性を伝えることも重要ですが、

 

初回の来店時に、次の予約をしておけば

お客様は青字の5つのステップを飛ばしてスムーズにまた施術を受けることができます。

 

 

次の予約をとる=押し売り

 

と思ってるセラピストさんが多いですが、

それは「次の予約をとる」と思ってる方です。

 

え?どーゆーこと!?ですよね(笑)

 

 

大切なのは

 

次の予約をとるかどうか決めるのはお客様

 

「次のご予約、とっていきますか?」

 

この質問は、予約をとっていくかいかないか、決めるのはお客様です。

 

もしお客様が先の予定が読めないなら、次の予約を取らなくてもいいし、

電話やネットで予約するのが面倒なら、予約をとっていってもいいわけです。

 

 

決定権をお客様に渡し、お客様に決めてもらえば

お客様自身も「押し売りされた」とは思いません。

 

 

 

なので、勇気を出して

「次のご予約、とっていきますか?」

 

とお客様に聞いてみてください。

 

 

意外とすんなりリピートに繋がりますよ♪

 

 

①だけで長くなってしまったので

②は次回へ。