ヘッドスパとドライヘッドスパの施術の違い

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

よく

ヘッドスパとドライヘッドスパの効果の違いを

聞かれることがあります。

 

ヘッドスパとドライヘッドスパの違いについては

以前、あたまのオアシスのブログで書かせてもらいました。

ドライヘッドスパとヘッドスパの違い

 

 

効果の違いもありますが

施術にも大きな違いがあります。

 

 

なので

普段ヘッドスパを提供してる美容師さんが

あたまのスクールを受講されると

 

ヘッドスパとドライヘッドスパの施術の違いに

戸惑う方が多いです。

 

 

 

ヘッドスパとドライヘッドスパ、

一番の違いは指の使い方

 

 

ヘッドスパは指頭を使い

ドライヘッドスパは指の腹を使います

 

 

 

 

指の使う場所が違うので

手の形も変わってきます。

 

 

指頭を使うとこんな感じ↓

 

 

指の腹を使うとこんな感じ↓

 

 

一見大差ないように見えますが

指頭を使った施術は指や手が疲れますし

 

施術を受ける側からすると

指の腹を使った施術の方が100倍気持ちがいいです。

 

 

逆に

ヘッドスパの施術で

ドライヘッドスパの指の使い方は

髪を摩擦してしまうのでNGです。

 

 

 

また、その他にも

 

ヘッドスパでは爪を立てることは厳禁ですが

ドライヘッドスパは爪を立てて使う場面があります。

 

 

 

 

水を使うか、使わないかの差なのに

効果も施術も大きく違うヘッドスパとドライヘッドスパ。

 

 

だからこそ

美容師さんにはその違いをしっかり把握してもらって

 

どちらの施術もできるようになってほしいです!