カウンセリングは会話じゃない

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

今日は開業コースでカウンセリングについて

お伝えしていました。

 

 

カウンセリングを勉強すると

カウンセリングの難しさや奥深さに気づくことができますが

 

多くのセラピストさんは

カウンセリング=お客様との会話

になってしまっています。

 

 

 

会話だけだとお客様の真意を知ることはできませんし

真意がわからないと本当の意味でのコミュニケーションはとれません。

 

 

そこがわかっていないと

お客様の反応はいい感じだったのに、次の予約に繋がらない・・・

「また来る!」と言ってくれたのに来てくれない・・・

となり

 

人間不信にもなりかねません。

 

 

私もカウンセリングを見直すまでは

お客様の「また来ます」に何度心を弾ませ、何度心を折られたことか。。。笑

 

カウンセリングで気をつけなければいけない点は

上辺の言語のみに意識を向けないこと!

 

 

お客様の真意は言葉以外にも現れます。

(なんなら無意識に出る非言語の方が本心です)

 

 

例えば!

 

「ありがとう」という言葉を頂いたとする。

 

言葉だけだと感謝の意味になりますが

もしお客様の顔がこんな↓だったらどうですか?

 

 

え!?本当にありがとうって思ってます!?

ってなりますよね。笑

(実際お客様は感謝なんてしてません)

 

 

ブログではわかりやすく表情にしましたが

表情以外にも声のトーン仕草

さらにはお客様が醸し出す雰囲気でも

お客様の真意が垣間見えます。

 

 

言葉だけに意識してしまうと

こういったお客様の真意を見逃してしまいます。

 

 

会話としては成り立つので

セラピストはコミュニケーションがとれてるつもりですが

お客様の心はつかめていない。

 

だからリピートに繋がらない。

 

 

 

カウンセリングは会話ではありません。

 

言葉だけにとらわれず

五感をフルに使ってお客様の真意を見抜きましょう!!