叱られることのありがたみ

東京都 豊島区 雑司が谷(池袋と目白の間)

ドライヘッドスパ専門店『あたまのオアシス』/『あたまのスクール』

代表の野間です。

 

 

学生時代や会社員時代(特に新入社員時代)は

まぁよく叱られていました。

 

 

叱られると

 

イラっとしたり

悔しかったり

情けなかったり

 

落ち込みますし、ストレスになります。

 

 

今は自分が組織のトップだし、講師でもあるので

叱ることはあっても叱られることはありません。

 

叱られるストレスは皆無です。

 

 

そんな私ですが

先日、経営者が集まる勉強会で

ボロクソに叱られました。。。笑

 

 

 

久しぶりに叱られて

しばらく深く落ち込みました。

(「お前に言われる筋合いないわ!!」とも思いました。笑)

 

 

でも心が癒えた今は

厳しい言葉をしっかり受け取ることができて

「ありがたいな」

って思ってます。

 

 

まず“叱る”って

 

叱る方も

相手を怒らせてしまうかもしれないリスクや

相手を傷つけてしまうリスクがあり

 

何より労力を使います。

 

 

大人同士の付き合いだと

叱った時のリスクや叱る労力を考えると

言わなくていっか・・・・

になります。

 

 

相手を叱らない代わりに

その人から離れていきます。

 

 

 

本人はなんで人が離れていったかわからないし

わからないから改善しようがないんです。

 

 

叱る=気づかせてもらえる

 

 

気づいて改善すれば

今よりもっと良くなる!!

 

 

 

私を叱る筋合いがない人なのに

嫌われるリスクがあるのに

労力使うのに

叱ってくださった方に感謝です!!!!

 

 

 

もし今叱られることがある環境にいるなら

叱ってくださる方に少しだけでも感謝してくださいね!

(“叱る”じゃなくて“怒る”人は無視してOK)